効率よく収入アップを目指すには?

薬剤師転職で収入アップを目指す前に

転職を意識する薬剤師の中には、給与面への不満から転職を考え始めた方も多いでしょう。「現在の職場は、仕事の内容に対して給与が少なすぎるのではないか?」という不安は、薬剤師に限らす様々な職場で発生する不満といっても良いでしょう。
薬剤師転職│薬剤師のコミュニケーションスキルについて

もちろん自分自身の能力やキャリア次第では、その希望も叶わない夢ではありません。ですが、一般的に薬剤師は決して高収入が期待できる職業ではない事を理解しておく必要があるでしょう。

薬剤師が活躍する職場には様々な選択種があります。雇用形態も様々ですので、もちろん給与にも人それぞれバラツキがあるでしょう。ですが、その中でも高収入を期待できる職種は限られてきます。この度の転職で高収入な職場を期待するのであれば、ある程度絞った職種へのアプローチを行ってみましょう。

高収入が期待できる薬剤師の職場として、まず挙げられるのは「製薬会社」でのお仕事です。薬剤師として就職する訳ですが、勤め先が大手の製薬会社ともなればかなりの高収入を望む事が出来るのではないでしょうか。もちろん正社員としての採用を受ける必要がありますので、狭き門となる事は否めません。しかし就職後の昇給は臨床現場よりも魅力的である事も事実です。

なかでも製薬会社の営業職は、開発や研究に携わる現場に対して大変優遇された給与条件です。もちろん高収入が期待できるぶん、業務内容はハードでもあります。その為製薬会社の営業職は離職率が高く、転職先として視野に入れる際は自身の希望条件と本当にマッチしているのかどうかを見つめ直す必要があるのではないでしょうか。

薬剤師という職業は、必ずしも高収入であるとはいえません。新しい職場で働きだしては見たものの、「仕事がハードすぎる」「給与が思う様に伸びない」など、新たな不満が生まれてしまい、更なる転職を繰り返す結果になってしまう事は避けるべきです。

この度の転職理由が給与面にある方は、自身の給与が本当に見合ったものではないのか、また転職でその悩みが解決できるのかどうかをしっかり考え、転職後のミスマッチを防ぎましょう。

管理薬剤師がしなければならない仕事と平均年収

将来的に調剤薬局の開業を目指している薬剤師もいるでしょう。マネジメント・経営に関心を示している薬剤師もいます。給料アップを虎視眈々と狙っている上昇志向の薬剤師もいます。

薬剤師としてキャリアップを図りたいならば、まず目標にして欲しいのが「管理薬剤師」です。ここでは、管理薬剤師がしなければならない仕事を平均年収についてご説明します。「管理薬剤師」は管理的立場にある薬剤師で、薬の製造・販売・取り扱いに全責任を持ちます。

医薬品の取り扱いをする場所(例えば、病院内保健薬局・ドラッグストア・調剤薬局・製薬会社・医薬品卸業)では医薬品を適切に管理する任務を担当する管理薬剤師を設置することが薬事法で決められています。特別な国家資格の試験があるわけでもありません。薬剤師資格があれば管理薬剤師になれるのです。

薬剤の知識は当然要求されますが、それ以外にも「薬剤師法」「薬事法」「診療報酬」「医療保険」など多岐にわたる知識と理解が要求される職場もあります。管理薬剤師になるには一般的に薬剤師経験が3年以上は必要となるでしょう。

管理薬剤師は「管理者」と「薬剤師」という二つの顔を持っています。調整力やマネジメント力が必要になりますし、業務範囲や業務内容はとても幅広いです。管理者の立場からは(1)医薬品の保管期間などの品質管理(2)医薬品の陳列(3)薬剤管理の帳簿整理(4)薬情チェック……こういった全体的な管理業務や確認業務が多いです。

ドラッグストアや薬局の管理薬剤師は、さらに「医薬品以外の商品ディスプレイや在庫確認」「顧客対応」「パート・アルバイトのマネジメント管理」などもしなければなりません。管理薬剤師としての業務が店舗経営・設備管理・店舗衛生にまで及ぶケースでは経営者や店長以上の権限を持つこともあります。

では管理薬剤師の年収はどうなっているのでしょうか?薬剤師の年収に管理薬剤師手当が付きます。勤務先によって幅がありますが、年収ベースで管理薬剤師手当は30万円から50万円が相場です。一般薬剤師の平均年収500万円と比較して管理薬剤師の平均年収は600万円です。大手ドラッグストアの店長や薬局長と兼務するような場合は年収が800万円を越すこともあります。

薬剤師転職-やりがいのある仕事

社会人になり、仕事をしていく上で、仕事にやりがいを持てるということは大切ではないでしょうか。そして、それは色んな形で現れるでしょう。自分の仕事によって感謝されたり喜ばれたりすると、ことのほか充実感を得て、それが新たな活力へ結びつくこともあります。やりがいのある仕事ができると、結果的に長く働けることにも繋がります。

病院薬剤師の仕事は、患者さんの病状に合わせた薬の調剤や服薬指導の他に、院内感染対策や医薬品事故防止なども含まれます。他にも、医師に薬物療法のアドバイスを行なうこともあり、仕事内容は調剤薬局などに比べると多岐に渡ります。

医療分業が盛んになった現在では、病院薬剤師が患者さんと接する機会も多くなっています。入院患者さんに直接服薬指導をしたり、抗がん剤治療を必要とする通院患者さんへのフォローも仕事の一つです。

黙々と調剤業務をこなすよりも、患者さんに直に接する事で、薬効を確認することもできますし、病状回復していく姿や退院するときの嬉しい様子を肌で感じることができるので、薬剤師としてのやりがいを多々実感できることでしょう。

また、病院薬剤師になると、同じ病院に勤務する医療従事者との協働も増えますので、チーム医療の一員として患者さんに大きく貢献することもできます。患者さんの苦痛を和らげるペインコントロールチーム、口からの栄養摂取が困難な患者さんのための栄養サポートチーム等々、様々なチームに参加することで、薬剤師の知識を充分に発揮できます。

薬剤師は薬のスペシャリストですので、チームの中で重要な役割を担うことになりますから、チーム医療の成果がみられたときの喜びも大きいでしょう。ただ、病院の中では医師の支持に従うことが多いために、医師の言いなり的存在を見られることもありますが、かといって不平不満ばかりを口にしていては、本来の病院薬剤師のやりがいを見出すことができなくなります。

そんな時は、些細なことでもいいので、自分なりのやりがいを見つけようとする思考の転換が必要です。例えば「調剤を完璧にやり遂げた」「薬を患者さんが飲むようになってくれた」等々、やりがいを自分の中で生み出してみましょう。

しかし、どうしてもプラス思考に方向転換できず、仕事に対するモチベーションが下がってどうしようもない‥という方は、転職を考えてみるのもいいかもしれません。薬剤師専門の求人サイトや転職支援サイトを頼ってみると道が開けるでしょう。

薬剤師転職-副業について

病院薬剤師になったはいいものの、給与面で満足感が得られずに、副業という2文字が頭をよぎることもあるのではないでしょうか。大学病院以外の専門病院に勤務している薬剤師の方は、特に副業への関心が高いようです。

そこで、病院薬剤師の副業は可能なのかどうか‥という点が気になるところですが、実際には副業を持っている方はいらっしゃいます。但し、副業が可能か否かというのは、勤務している病院の就業規則によって違ってきます。

病院によっては、副業禁止と就業規則に明記されていることもあります。就業規則には、就業時間や賃金体系の他に様々な規則が記載されていますので、副業に関する規定がないか探してみましょう。

もしも副業禁止の記載があった場合は、規則にサインをしていれば必ず守る必要がありますが、そうでなければ副業できる可能性はあるかもしれません。しかし、規則にサインしていないからといって、自分勝手に副業を始めることやめましょう。副業が発覚した時点で、責任を取らされることもあり得るからです。

一般的には、正社員の副業は禁止という常識がありますので、副業をしたければ、まずは上司に相談してみることをオススメします。副業可能な場合、病院薬剤師の副業で多いが、ドラッグストアや薬局(調剤以外)、他には翻訳や技術調査といったデスクワーク等々です。中でも、翻訳は月に数十万円単位の収入を得ている人もいますので、語学力に自身ある方にはオススメです。

そして、副業禁止が就業規則に記載されてあり、上司に相談しても反対されるようであれば、副業は諦めるしかありません。副業をしたことによって、本職を解かれるようでしたら本末転倒です。

ただ、副業禁止といっても、それはあくまでも勤務時間内での規則であって、仕事が終わったあとは問題ないでしょう。けれども、病院側としては時間外の副業であったとしても、ドラッグストアなどでの副業に難色を示すこともありますので、副業選びには気を使った方がいいでしょう。

また、無理して副業をすることで、本業でミスを連発する等々の悪影響がでるようでしたら、副業はやめるべきでしょう。いずれにしても、副業をしたいのであれば、就業規則は必ず読んで確認して、副業禁止の条項がなくても、念のため上司に確認するような慎重さが大切です。